カラダのにおいは周囲の人たちにきつく感じさせてしまうもの

自分自身の体臭を周り人が迷惑だと思っているのか、そうではないのかという事は案外分からないものです。

女の人からしている香水の香りがドギツイと感じる事はあります。

これは体からのニオイじゃありませんが、ここまで臭わさせているのは自分の臭いが気になって消す事をしているのかもしれないと思ったりするのです。

傍にいる人の体臭が臭ってしまうことで、凄く不快になりひどい目にあいました。

過去に、わたくしは「KYな人」なんて言われたのですけど、臭覚は鋭く敏感さがあるのです。

自分が体験した中かから言うと女性の中で体が出しているにおいを気にしたことは無いです。

ですが、男性の若い人のにおいは、とても気になる場合があります。

やっぱりいつもお風呂に入っていない場合、カラダのにおいは周囲の人たちにきつく感じさせてしまうものです。

沢山皮脂分泌をしているのに、お風呂に入らないと脂が腐ったかのような変な臭いがするのです。

だけど臭う時と臭わないときがあるので、「恐らく前の日にシャワーを浴びたのかな」なんて思っています。

私はいつもお仕事に出ているので、足に熱気がこもって靴や足にニオイがしていないか、気にしています。

消臭スプレーを使ったらいいかもしれませんが、私はとても面倒くさがりなのです。

少しお行儀は悪いけれど、昼食の際にまわりにわからないように靴を脱ぎ蒸れないようにしています。

 

汗かきが原因で人間同士の関係に自信が持てない

あたしは幼少期から汗かき体質だったのです。

他人に言わせれば気にしなくても良いくらいらしいのですけど、私の姉がすごく汗をかく人なのです。

夏なんかエアコンがないところにいる事なんでできないほどなのです。

一度だけグレーのタンクトップを着て掃除をしていたのを見た時に、ビショビショになっていたのです。

身近な人間のそういう姿を見て育ってきたので、他人の視線に不安を感じるのです。

そんなわけで、人間同士の関係に自信が持てないのです。

汗臭いって思っていないかな、女のくせに汗っかきと思われていないかなと心配してしまいます。

昔からのお友だち、気の知れたお友達はそんなに気にしなくても大丈夫って言われているので、逆に私が気にし過ぎているのかなと思うくらいなのです。

汗かきってレベルを図るものがないのです。

体重とか体脂肪みたいに容易に数字で表す事ができないため、自分がどれ程臭いを発しているのかがわからず不安に感じます。

 

汗とニオイ対策にいつも着替えの下着を持っている

わたくしは40代の女性ですが、かなりの多汗症です。

肥満体というわけではなく、平均的な体系なのに汗かきなのです。

雪国の地方暮らしなので、もとより暑いのはダメです。

仕事も事務所内で働いていてエアコンが効いているオフィスで業務をしている為、少しの温度変化で汗が噴出してきます。

よく出張もしますが、移動の時は汗をかいていて汗はもちろん、臭いのほうも気になるのです。

なので、スプレーやクリームタイプの物を毎日の状況に合わせて変えるようにしています。

あと、臭いがあるかないかの使い分けもしています。

けれども、いくらスプレーや塗ったりしても、汗はかいてしまうので、その対応策として、いつも着替えの下着を持っているのです。

普段の生活に関しては、地方で生活しているため普段から車を使っている為、車に用意しておけば、汗をかいた時に対応できます。

暑い時期は動けば汗をかくので、携帯用扇風機などをいつも持っているのです。

いちばん効果があるのは、保冷剤なのです。

これで脇の下を冷却すると、一気に汗が引いていきます。

出かける時は保冷材がありません。

その際には、冷えた缶ジュースなどが保冷剤代わりです。

以降もいろいろ試していきたいと考えています。

 

車の中は汗のにおいと服の生乾きの臭い

部活帰りの男子中学生を数名車で送った事がありました。

暑い時期の野球部の男の子たちでした。

もちろん制服に着替え、汗もとってから乗ってきたのですが、冷房を効かせて運転してしばらく経つと、次第に車内が臭くなってきました。

私自体はそれ程親しくなかったので、私も「臭いな」とは感じていても知らんぷりしていましたが、とうとううちの息子が異臭がすると言い始めたので、とりあえず外の空気との入れ換えをしました。

でも、その先もなんとなく車の中は汗のにおいと服の生乾きの臭いがしていました。

女子中学生の場合は、「女の子の汗臭」だなとニオイも可愛らしいものでしたが、男の子となるとこんな風に臭うのかと違いにびっくりしました。

中学に入る前にはたいして臭うこともなかったのに中学にあがって大っきくなってくると「男性ホルモン」が増えてきて男臭くなってきたのかもなと彼らの運動後の「汗臭」で子供の成長を感じながら車を走らせていました。

 

思春期の頃からわきが特有の臭いが強くなってくる

気候などとは全く無関係に、衣服までもが濡れてしまうくらい汗を止め処なくかいてしまう多汗症の苦悩は非常に深刻で、日常生活に影響が出てしまうことも稀ではないと思います。

わきが臭のもとになるアポクリン汗腺の作用が激しくなる思春期の頃から、わきが特有の臭いが強まってきます。

最初から手術をするのはリスクが高いので、まずは制汗剤などのデオドラント製品を買ってセルフケアすることを推奨したいと思います。

まわりを嫌な気持ちにさせる体臭や脇汗を気にするというのは、必要最低限のエチケットだと思っています。

汗臭とか体臭が気になる人は、食習慣の改善やデオドラントアイテムの使用をおすすめします。

「こまめに汗を拭き取っているけど、体臭がきついような気がする」と言われるのであれば、防臭と殺菌機能が期待できるデオドラントケア製品として重宝されている「デオシーク」を使ってみましょう。

強烈なわきがに頭を悩ませている人は、デオドラントグッズで臭いの発生を抑えてみるのはどうでしょうか?

デオシークを始めたくさんの商品が売られているので、トライしてみると良いでしょう。

一般的に汗が出るのはエクササイズなどをしている時や夏のシーズンなど暑い時だと考えられますが、多汗症の人の場合、これらとは無関係に汗が出っ放しになってしまうそうです。

足専用の消臭用スプレーを毎朝足に吹き付けておくだけで、足の臭いを気にすることがなくなるはずです。

雑菌の大量増殖を食い止められるため、臭いが軽減されるのです。

体臭に関しては自分では気付かないもので、また第三者も気楽に伝えづらいものですので、デオドラント商品などで対策する他ないというのが実態です、
日本人の中では、体から出る臭いというのは不愉快なものであり、かつ近寄りたくないものという印象が強いです。

消臭サプリを摂って、体臭を元から改善しましょう。

消臭サプリを飲めば、体内から臭い対策を実施することができます。

こまめに汗を拭い去るといった対策も有効ですが、元々臭わせないことがベストです。

乱れた生活や仕事のストレス、常日頃からの運動不足や乱れた食生活は、すべてにおいて体臭がきつくなる原因となるのです。

体臭が心配になったら、普段の生活を見直すようにしましょう。

女性の陰部まわりは男性の陰部まわりと違って複雑で、更に生理が周期的にあるため、デリケートゾーンの臭いに思い悩んでいる人が多く見られるのです。

専用のジャムウソープで洗浄してみると良いですよ。

大量の脇汗で脇下にシミが現れると、不潔な印象になり清潔感が皆無の状態に見えてしまうかもしれません。

汗が気になる人は、制汗スプレーなどで噴き出る汗の量を減らしましょう。

「体臭の悩みを抱えている」とおっしゃるのなら、制汗ローションやデオドラント製品などを使った対症療法を実施するよりも、体臭の元凶そのものをなくすことができる消臭サプリを利用してみましょう。

汗のベタつきや臭いに悩んでいる場合は、デオドラント製品を中心としたワキガ対策と並行する形で脇汗対策も敢行することが必要不可欠です。

着実に脇から流れる汗を減少させる方法を学んだ方が良いと思います。

 

強烈な足の臭いは納豆やチーズのようなニオイ

朝からずっと履き続けた靴を脱いだ瞬間、本人でも気づく足の臭いに頭を抱える方も多いようです。

強烈な足の臭いは納豆やチーズのようなニオイがします。

足の臭いの原因のほとんどは、足自体がにおうのではなく、汗や剥がれた角質が蒸れた靴の中で腐敗が進んで起きると言われています。

これは男の人だけでなく、女性や子どもでさえ生じることがあります。

丸一日履いていたシューズは、汗や古い角質を餌にして、臭い菌が増殖します。

雑菌はムシムシした所が好きなので、靴の中は条件にぴったり当てはまるのです。

サイズの合わない靴は、足にも負担がかかり、雑菌繁殖の原因になります。

ゆとりがあっても無くても望ましくないのです。

足の雑菌の繁殖を防ぐには、毎日のお手入れが大切です。

薬用石鹸などで爪先や指の間、踵までしっかりと洗います。

きれいにしていることで、菌の発生を抑えられます。

さらに、日によって履くものを変えたり、できるだけ靴を脱いで、風を通すことも効き目があります。

雑菌を繁殖させない工夫が改善されるコツなのです。

 

汗を気にし過ぎるとさらに大量の汗が出てくる

汗っかきさんの悩み事と言うと、初対面の人と会う時、人がいるところでプレゼンをする時、または人ごみにまみれている時ではないかと思います。

自身も多汗症なのでその3点でとても悩んでいます。

たくさんいる人の前に出るとプレッシャーを感じるので汗をかいてしまいます。

誰でも緊張した時に出てくる汗なんですけど、「誰かがおかしな人だと思っているいるかも。止めなきゃ!」って思うと汗を気にし過ぎてしまうため、更に大量の汗が出てくるのです。

挙句の果てには、汗をかいてる自分を変人扱いしているようで周囲の目が気になり、怖くなってくるのです。

結果的に、汗恐怖症になり対人恐怖症になりだんだん人から逃げるようになり、汗をかくようなところには絶対に近寄らなくなってしまいます。

そうなると、電車、バスはもちろんの事、自分が行きたい所や気に入っている場所、ショップにまで入るのに気合を入れなくてはならないこともあります。

そのせいで、「あそこに行ってみたいけど、汗が出てきそう」って考えると行けなくなるので、人生の楽しみを半減させていると思います。

 

意外と中年男性の足裏のニオイってすごい臭いがする

私自身が気になってしまうのは男性の足臭です。

意外と中年男性の足裏のニオイってすごい臭いだなと感じてしまいます。

失礼な事かもしれませんが居酒屋さんに行った時座敷で飲むのがほとんどだから男性が脱いだ後のクツのにおいと座敷の席に着いた時にするあの独特なニオイがとっても嫌いです。

時々我慢できなくなってマジでしんどいと思った時には鼻じゃなく口で息を吸うようにしながらしゃべったり、それをやってても駄目な時は息を止め靴が置いてある場所のニオイがしないように化粧室に行きます。

呑み会ってみんなでワイワイする場だと思いますが、私としてはそんなに苦痛に感じるのならいかなくてもいいかななんて思ってしまうのです。

しかし呑み会の終わりに「お酒あんまり飲んでないよね。具合が悪いの?」と言われてしまうと少し戸惑ってしまいます。

中年の男性の足と靴が臭くて気分が良くないなんて口が裂けても言ってはいけないです。

耐えながら参加するというのも悪い気がしますが、みんな参加しているし自分も参加した方がいいと思うので会社でのお付き合いだと思いこれからも顔を出したいと思っています。

 

体臭で嫌な顔をされる前に対策を行なうべき

男性陣に限った心配事だという認識のある加齢臭ですが、本当のところは中年以降の女性陣にも気に掛かる臭いがあることが分かっています。

体臭で嫌な顔をされる前に対策を行なうべきです。

デリケートゾーンの臭い消しアイテムとして高評価を得ているインクリアは、直接洗浄液を膣内に注ぎ入れ、膣内から気に掛かる臭いをなくすための商品なのです。

わきがの方の体臭というのは特有のもので、フレグランスをつけても隠すことは困難です。

まわりを不愉快に思わせることのないよう、適切な処置を施して手堅く消臭することが大切です。

自分の臭いを消したいとき、薬局などで販売されている制汗剤などを使うものですが、多用するのも肌トラブルなどの要因となることがあるのであまり得策ではありません。

体臭を抑えるには生活スタイルの改善が重要なポイントとなります。

どんなに美人でも、あそこの臭いが強烈だとなれば、相手は離れてしまいます。

恋人だったとしても、体臭と申しますのはスルーできる類いのものではないからです。

ジャムウソープなどで臭いを抑えましょう。

「しょっちゅうタオルで汗を拭いているのに、体が臭っている気がして仕方ない」という場合は、殺菌と消臭性能が高いデオドラント剤として評価されている「クリアネオ」を使ってみることをおすすめします。

加齢臭と呼ばれているものは、40歳を過ぎた男女の性別なら、誰にでも生じ得るものですが、どういうわけか当の本人は気付きづらく、それに他の人も指摘し難いというのが現実です。

「臭いで苦しんでいる」と言われる方は、飲食の再チェックを実施した方が賢明です。

臭いを強くする食べ物と臭いを緩和してくれる食べ物があることが明確になっており、ワキガ対策という意味でも、その選り抜きが不可欠です。

体臭を感じたり脇汗が気掛かりで仕方ない時に使うデオドラントグッズではありますが、それぞれの体臭の原因をリサーチした上で、一番ふさわしいものをセレクトしなければなりません。

脇汗によってシャツにシミが出てしまうと、不潔なイメージを与えてしまい清潔感がない人に見えてしまうおそれがあります。

脇汗が気になる人は、デオドラントグッズで汗の量を抑え込みましょう。

まわりの迷惑となる体臭や脇汗を気に掛けるというのは、最低限のマナーだと言って間違いないでしょう。

脇汗や体臭が気に掛かる人は、食生活の是正やデオドラントグッズの使用がオススメです。

臭いの大元となる雑菌は湿度が高い方が繁殖しやすくなります。

シューズの中は空気がよどんでいて、汗で蒸れやすいために雑菌が次々と繁殖し、その結果として、足の臭いが強まってしまうわけです。

当人やその家族は鼻が麻痺してしまっているので、臭いに気付けないこともあると考えますが、臭いが尋常でない人はワキガ対策を施さなければ、周辺の人に迷惑をかけることになります。

原則的に汗が出るのは運動を行なった時や気温や湿度が高くて暑い時のはずですが、多汗症の人というのは、そうした状況でなくても汗が止まらなくなってしまうのだそうです。

きついわきがに悩まされている人は、デオドラントアイテムでわきが臭そのものを抑えてみてはどうかと思います。

クリアネオの他さまざまな製品が世に出ているので、試してみることをおすすめします。

 

汗が出た後に自分は臭っていないか気になる

脇の匂いや足クサイといったことはありませんが、あえて選ぶとするなら多く汗をかくため汗が出た後に自分は臭っていないかを気にしています。

色々と歩き回るような時に、汗をかいたまま飲食店やデパートといったエアコンが効いた場所で休憩して、一旦汗がおさまった後でもう一回汗が出る。

そういった事が何度もあったときというのは一回引いた汗が、再度汗をかいて、臭いの原因になっているように感じるので結構周りの目が気になってきます。

本当は前日などに匂いの元になりやすい食べ物(揚げ物や乳製品、にんにくの入ったメニュー)とかアルコール類を飲んでなければ、まわりに大変迷惑が掛かっているという事は無い様なんですが、、、。

自分ではわからないだけじゃないの?なんて思われがちですが、現実には結構こまめにチェックしています。

沢山汗をかいて汗が乾いてきたら、人の目につかないようなトイレの個室で知られないように服を嗅いでみたり、耳の後ろとかに汗をかいた事が原因でアセの塊ができていないかなど。

実行しているシンプルな予防としては、汗が出たら拭う、可能ならばシャワーで流しています。

できるんだったらTシャツとかも替えたいんですが、替えの服がニオイの要因になる気がして、実行できていません。

夏になり脇のニオイが気になる一方なんですが、臭っていないうちからなにか対策しないといけないですね。

参考記事:わきがクリームの選び方

 

一年中汗とニオイのことで悩んでしまう

汗の悩みと言ったら、わき汗をよくかく事です。

脇汗をかいた場合、衣類に汗染みが出来るので、暑い時期はシミになっていないか、常時気になります。

当然、汗の対策はしているのです。

当初はスプレータイプの物を使っていて、ここのところはスティックタイプの制汗剤を利用しています。

スプレータイプを使用していた時と比較すると、汗の出方がマシになったように思いますが、気を抜いていると、汗をかいているので、完全に悩みを解決する事は難しいと思います。

そんな汗の悩みは、夏に限ったことではないのです。

寒くなってくると汗をかく事は減りますが、ワキだけは冬でも汗が出ていると感じることが多いのです。

暑いと感じているのであれば分かるけど、寒いと思っていてわき汗をかくのでいつも不思議です。

寒い季節は服を数枚着る事が多いので、夏場みたいに汗のしみが見えるといった事はないのですけど、だけど発汗するとニオイの不安を感じることが多く、一年中汗とニオイのことで悩んでしまうのです。

 

汗を多くかかない冬は体臭のケアを忘れがち

汗量が減る寒い時期には、体から出るニオイがキツくなりやすいように思います。

それにより、寒い季節には、身体から発する臭いに悩む人が各世代におられるはずなので、ニオイケアをしっかりと実施していくというのが一番なのでしょう。

梅雨時からの暑いシーズンには、それほど動かなくても汗が出てくるため、ニオイケアはしっかりとやる方が多いです。

それに引き換え、汗を多くかかない冬などは、体臭のケアを忘れがちですが、菌が汗によって排除しづらくなり、却って「体臭」が強まる可能性があるとされています。

適度に臭い対策をやることと、寒い時期にも実行することで、体臭の悩みは解消されると思います。

これからもっと汗を掻きにくい寒い時期に、体臭が強まり気に掛かる人が防臭対策に力を入れていくと考えられているため、色々な形の臭い対策が実践されていくのではないかと思います。

 

緊張した時に出る脇汗はニオイが強くなる

普段からよく汗をかく体質なのですが、よくジョギングなどをして発汗を促しているので、汗がでてもさらさらで臭いもほとんどしません。

けれど、緊張するとちょっと汗が流れ出ただけでも、汗の臭いが強まります。

とくに臭くなるのは、脇臭です。

会社で代表して喋らなきゃいけない時とか、偉い人に急に話しかけられた時などに、ワキ汗を掻き、脇臭がきつくなります。

腋臭症のように感じたので、スマホなどでチェックしてみたところ、どんな人でもプレッシャーなどがかかると汗臭が強くなりがちなんだそうです。

腋臭症は、脇の下の汗がべとべとしたり、洋服が黄色く変色したりするので、私の場合は腋臭症ではないのでしょう。

それと脇臭は、生活習慣の改善でおさまるそうです。

たとえばジムなどで汗を流したり、脂肪分など油の多い料理を減らしたり、あとは精神的ストレスを溜め込まない事です。

こういった事をやりつつ、プラス、仕事場には手の平サイズの8×4(エイトフォー)を置いてあります。